食費を節約した学生時代

私は学生時代、趣味である音楽にお金を使いすぎて、生活費にかなり苦労しました。

毎週のようにCDを買い、ライブ行くとアルバイトで稼いだお金では足りなくなってきました。

特に食費にはお金をかけることができず、必死に節約をしていました。

最初は、肉・野菜を買って料理することや、お茶・氷を自分で作るといった簡単な節約でした。

しかしアルバイト終わりに料理をするのはかなり面倒でした。

そのため、お弁当を買うか、テイクアウトを買っていたのですが、それでは食費がかかりすぎるので、できるだけお金のかからない自炊を毎日行うようになりました。

自炊と言っても健康的なものではなく、とにかく腹持ちのいいものを安く食べることが第一でした。

サークルで運動をしていたこともあり、食事の量は多く、日に日に食費にまわすお金がなくなっていき、いつも近所のスーパーをまわり安い食材を探し求めていました。

そんななか私を救ってくれたのは、うどんとパスタです。なんとうどんは1パック20円、パスタは五束入り100円でした。

スーパーでうどんとパスタを見つけてから、私は毎日のようにうどんとパスタばかりを食べ、空腹を抑えていました。

うどんは、だしのみで具を乗せる余裕もありません。たまに卵を乗せることができるくらいでした。

パスタは毎回2食で100円のソースをかけていました。どちらもゆでるだけで作ることができるので簡単で、私にとっては最高の料理でした。

それに、炭水化物を取ることでエネルギーも付き、腹持ちがいいのです。

いつも同じものばかりを買っているので、スーパーの店員に顔を覚えられていたかもしれません。

今思うとよく飽きずに毎日同じメニューで我慢していたなと思います。

学生時代食費に苦労したおかげで、今では少しの贅沢で楽しい食事ができています。

食費を極限まで抑えなければいけないほど、趣味へお金を使うなんて、ほどほどにするべきだったと反省しています。

「どうしてもお金に困ったときは借入しろ」と友達に勧められたこともありましたが、結局私は借りずに終わりました。

利用している友達はけっこう多かったですけどね。学生でも借入が簡単にできるってことですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です